AP-Labs.,Inc. 株式会社エー・ピー・ラボ
会社概要 開発実績 執筆・翻訳

開発実績

開発スキル 対応OS : Windows, Linux, Android その他お好みで。
開発言語:C, C++ ,Java, 各種アセンブラ(必要に応じて)。
インターネット上の通信、Webアプリケーション、データベースアプリケーション の開発が多い。
開発略歴 1986年の設立当初は8ビット/16ビットマイコンベースの組み込み用ソフトウェア/ハードウェア の開発並びに製造を主に行う。 その後、MS-DOS, Windows, Windows(32bit)用のさまざまなアプリケーションの開発を 行う。

客先は国内PCメーカーが主体であり、開発したアプリケーションは、メーカーの ハードウェアへのバンドル製品が多かった。この5年余りは、サーバサイドのJava環境を 利用したWebアプリケーションの開発受託と、インターネットとの通信を基本とする PC用アプリケーションの開発が多い。また、3G携帯電話用アプリケーションや 周辺ソフトウェアの開発も同時に受託している。
ここ数年の開発実績
次世代携帯電話機用テスト環境の構築 2001〜02
Intent AVEベースで開発する携帯電話機用アプリケーションのMK段階から の動作確認用テストや、CT段階での繰り返しテストなどを実施するため、 Windows環境とIntent環境をTCPベースのプロトコルで接続し、各種イベントの 生成や取得、AVE画像の取得と比較などを行うためのテスト環境の開発を 行った。
開発言語:Windows側:Microsoft C++/Intent側:Intentベース、C++
3G携帯電話用アプリケーションの開発 2001〜02
NTT系3G携帯電話のメニューアプリケーションおよび電子メールビューワアプリケーション の開発。
開発言語:Symbianベース、C++
WEBアプリケーション用操作支援ツール 2002〜
入力やメンテナンスのための機能が、すべてWebインタフェースのみで提供されているeコマース パッケージを使いやすくするための機能を開発した。大量の受発注操作を手動入力で行う場合、 入力そのものにかかる時間や入力内容の照合のための時間が多大であった。パッケージ化され た汎用システムの場合、カスタマイズ費用も大きくかかるため、Webインタフェースを自動的に操作 することで、カスタマイズを行うことなく、大量自動入力を可能とした。具体的には、HTML FORMの 内容を解析することで、プログラムから直接FORMデータを送信する。そして、応答として得られる HTMLの内容を解析し、送信結果が正しく受け入れられたことを確認する。この処理を、繰り返して 実行することにより、高速かつ確実にデータのエントリを実現する。
開発言語:Windows, C++
OpenGLを使った分子結晶および電子密度表示アプリ 2001〜02
分子のX線解析装置の製造メーカーからの依頼により、OpenGLを使って結晶格子や電子密度 の表示を行うアプリケーションを開発した。
開発言語:Windows, C++
医療用ベッドサイドブラウザシステムの開発 2002
病院の患者用ベッドサイドに設置する、タッチパネルを装備したPCで動作する、 簡易ブラウザシステム。患者および医療従事者を識別するために、接触型ICカード を利用する。HTMLビュー自体はMicrosoftのブラウザコントロールを利用。
開発言語:Windows, C++
オンラインショップサイト構築 2000〜
JSP/ServletによるオンラインショッピングシステムをWebサービスとして構築。 Javaで開発したServlet部分は半パッケージ化しており, ページデザインをカスタマイズするだけで比較的容易に サイトを立ち上げることができる。 現在は,大手コンビニチェーン,百貨店サイト,大手企業 グループ内調達サイトなど複数で稼動中。 一部サイトでは,購入申請〜承認〜正式発注の企業内ワークフローも サポートしている。
Webサーバ:Apache,アプリケーションサーバ:JRun,データベース:Oracle 開発言語:Java, JSP, JavaScript
マーケットプレイスサイトの構築 2001
バイヤ/サプライヤが企業・商品を紹介,売りたし/買いたし情報を交換し, 商談を進めるシステムを,JSP/ServletによるWebサービスとして構築。 商品カタログのような定型項目ではない情報をXMLドキュメントとして データベースに格納し,Oracle InterMedia Text Managerを使用して 全文検索またはXMLタグ指定で検索できることが特長。 前述のオンラインショップサイトではページデザインが変更されるたびに JSPを作り直すことが必要である。 しかし,このシステムではJSPの修正を不要にするために, 情報(XMLドキュメント)をスタイルシートとXSLTプロセッサを 用いて,HTML形式に変換してページを出力している。 これにより,デザインとプログラムを分離し,デザイン変更の反映は スタイルシートの修正のみで行える。
Webサーバ:Apache,アプリケーションサーバ:JRun,データベース:Oracle8i 開発言語:Java, JSP, JavaScript
SOAPプロトコルを利用したクライアント/サーバシステム 2002〜
Excel, Word等のOfficeアプリケーションからWebサービスを利用するために SOAPプロトコルを使用している。これにより,クライアントにブラウザを 使用したシステムに比べ,よりユーザフレンドリでかつ情報量の豊富な システムを構築している。
開発言語:Java, JSP, Visual Basic for Application(Excel)
XMLドキュメントと定型Word文書の相互変換プログラム 2002
XMLドキュメントを整形してWord文書に変換するシステム。 逆変換もあり,Wordで編集し再度XMLドキュメントに戻すことができる。
開発言語:Visual Basic for Application(Word)
汎用データベースレプリケーションシステム構築 1998〜99
リプリケーションプログラムとデータベースはODBC接続する, データベースのブランドを選ばないことが特長。 両データベースマシン間は独自のプロトコル(TCPベース)を定義することで、 不意の切断時の再接続やデータのリジューム転送機能等を実現している。
開発言語:Windows, C++
子供向け通信教育システム 1998〜00
ブラウザベースの通信教育システムを構築した。リモートホストに接続 したままの状態でブラウザを開いていると、ダイヤルアップユーザには 非常にコストの高いものになってしまう。これを防ぐとともに、ホスト−PC 間の通信の確実性や信頼性、さらには保全性を増すため、PC用のシン グルユーザWEBサーバを開発し、ブラウザはこのサーバ(localhost)と 対話する。
そして、ユーザのブラウザからの選択に応じて、localhostプログラムが リモートホストとの間でHTTPベースの独自プロトコルで通信を実施する。 localhostが解釈実行する独自のスクリプト言語を組み込むことにより、 ファイルI/Oやローカルデータベースの実現などを可能とし、非WEBベース のシステムとの機能の差異を吸収した。
開発言語:Windows, C++, 独自スクリプトその他
WindowsCE用自動通信ソフトウェアの開発 1997〜98
WindowsCE用の通信(TTY)ソフトウェアを開発した。ターミナル部分および通信の 自動化を行うためのスクリプトの開発を行った。
開発言語:Windows, C++, 独自スクリプトその他
WindowsCE用キーボードドライバの開発 1999
WindowsCE上で親指シフト入力をを実現するためのキーボードドライバを 開発した。キーボードハードウェアについては手を加えず、ソフトウェアに よって、配列および入力規則を実装。
開発言語:Windows, C++
携帯電話用簡易メールサーバシステムの開発 1997〜98
携帯電話のもついわゆる「10円メール」システムの、サーバ側の開発を行った。 10円メールシステムを企業内のメールサーバに接続するためのゲートウェイ、 10円メールから、航空機の発券予約を行うためのゲートウェイシステム、 10円メール用サーバそのものを企業内に設置することで、通信費を節約しようと するシステムなど。
開発言語:Linuxベース gcc
PC用映像編集用USBジョイスティックの開発 1998〜99
USBジョイスティックの開発を行った。このジョイスティックは、 映像編集操作を行うための機能を備えたジョイスティックとして開発した。基本設計からソ フトウェアの開発およびテストを行った。
開発言語:Windows用ドライバ:Microsoft C/ USBコントローラ用ファームウェア(NECμCom70000系asm)
クライアント/サーバアプリケーションの開発・コンサルティング 1992〜97
SQLWindows/Centuraを用いた業務アプリケーションの受託開発および開発支援を行った。 アプリケーションの対象業務は一般会計、人事管理、秘書業務サポートシステム, 医療データ管理など広範囲に及ぶ。
開発言語:SQLWindows, Centura, C++/ データベース:Oracle, SYBASE, SQLServer, SQLBase
 
All Rights reserved, Copyright (C) AP-LABS.,Inc.